ブログ

トーン考察 #4

日付 : カテゴリー : 日記

今回はギターという楽器にフォーカスします

ギターのボディにはフルアコ、セミアコとソリッドに、

大きく分類されます。

フルアコは主にジャズで使われ、

ソリッドはロック、

セミアコはブルースといった感じでよく用いられます。

もちろんテッド・ニュージェントのように、

ロックでフルアコを使ったりするギタリストもいるわけで、

決めつけはよくないです。

私の場合はソリッドで太い弦を張ってジャズをプレーします。

他にもギター・ピックアップにはシングルとハムバッキングがあります。

シャキシャキとキレの良いシングル・ピックアップ。

ガッツある太いハムバッキング。

これも好みですね。

私は両方好きですのでケースバイケースで使い分けています。

他にもピックアップ・セレクターでハムキャンセルにしても面白いです。

ウェイン・クランツは常にハムキャンセルで弾いています。

他にもエフェクターやケーブル一つとっても、

サウンドの違いは出せると思います。

しかしながら良いトーンを出す一番の秘訣は、

物に頼るのではなく自分自身の腕で引き出すことです。

私の場合はピックを少し厚めのものを使い、

逆アングルで太い音を出すように心がけています。

ロック・ギタリストで多いのが、

フロイドローズが邪魔になり肘がうまく降りず、

弦に対して斜めにピックが当たり、

ピッキングノイズを出していたりすると、

音よりもピッキングノイズの方が多くなり、

何を弾いているのか分からなくなるのはもったいないです。

他にも速弾きはあまり好きではありません。

音が乱れがちになるからです。

もちろんカート・ローゼンウィンケルのように、

とてつもなく何でも出来てしまうプレーヤーがいることも事実です。

他にもジェフ・ベックのようにアームをうまく使ったり、

ジョン・スコフィールドのようにリズムの取り方を、

レイドバックして後ろノリに弾いてみたりするのも、

よいトーンを出す一つのアイデアだと思います。

私のマイブームはストラトギターでシングルピックアップをフロントにし、

弦は太めでノンエフェクトの小さなアンプでピックを逆アングル、

コードバッキングとシングルトーンのソロが一緒になって、

進んでいくことを目標に今は弾いています。

以上4回で色々とトーンについて考察してみました。

私もまだまだ勉強不足ですので、

これからも良いトーンを探し続けたいと思います。

皆さんもぜひ良いトーンを目指して今後も考察していきましょう

P.S.1 生徒さんを募集しております。

日曜日 09:45~・12:00~

月曜日 18:30~・22:15~

水曜日 12:30~・18:30~

木曜日 19:30~・23:15~

土曜日 15:45~・19:15~

この時間以外にも若干の空きがあります。

お気軽にお問い合わせください。

P.S.2 レッスンのお休みです。

1月は1日(月)・3日(水)がお休みです。

2月にお休みは無い予定です。

トーン考察 #3

日付 : カテゴリー : 日記

今回はギター弦について考えてみます。

ナイロン弦、スティール弦、フラットワウンド弦に、

ラウンドワウンド弦で考えます。

ナイロン弦はクラシックギターでよく用いられます。

他にジャズ・ギタリストにもよく好まれます。

柔らかく太いサウンドがジャズとよくマッチしているからだと思います。

スティール弦は比較的一般的でロックにもブルースにもよく用いられます。

やや硬質ながらもクリアで音抜けもよく、

他の楽器ともよくブレンドします。

エレキギター弦のフラットワウンドは圧倒的にジャズ・ギタリストに好まれます。

温かく太いサウンドが好まれる要因だと思います。

エレキギター弦のラウンドワウンドはこれも一般的で多くのギタリストに好まれます。

他にもラウンドワウンド弦の中で各弦ごとに太さがあります。

ロックでは1弦に対して.009や.010が好まれ、

ジャズでは1弦に対して.013.や012が好まれます。

以上のように様々な種類がありますが、

大切なのはこれらの全ての弦の把握だと思います。

ジャズだからフラットワウンド弦と決めつけると、

そこでサウンドバリエーションが狭くなります。

私の場合フラットワウンドもラウンドワウンドも同じギターで、

何度も進行錯誤しています。

もちろん太さも何度も変えています。

そうやって自分にフィットした弦を探すことが、

良いトーンを見つける手掛かりになると思います。

私は全てのギターで弦の種類を分けています。

時間はかかりますが、

ぜひ挑戦してみて下さい

P.S.1 生徒さんを募集しております。

日曜日 09:45~・12:00~

月曜日 18:30~・22:15~

水曜日 12:30~・18:30~

木曜日 19:30~・23:15~

土曜日 15:45~・19:15~

この時間以外にも若干の空きがあります。

お気軽にお問い合わせください。

P.S.2 レッスンのお休みです。

1月は1日(月)・3日(水)がお休みです。

2月にお休みは無い予定です。

トーン考察 #2

日付 : カテゴリー : 日記

前回は良いトーンを考察するために、

ギターとトランペットを比較してみました。

このようにギター以外の楽器を知ることで、

より自分のサウンドにバリエーションを増やすことが出来ます

しいてはこれがより良い個性あるサウンドになると思います。

今回はジャンルで考えてみます。

沢山考えられますが、

今回はジャズ・ギター、ロック・ギターとブルースギターにします。

ジャズ・ギターは太く温かいサウンドが好まれます。

ロック・ギターは歪んだ切り裂くようなサウンドが好まれます。

ブルース・ギターは両者の中間のサウンドが好まれます。

よってジャズ・ギターのサウンドをロック・ギターに持ち込むと、

かなり異質な感じになります。

しかしながらこの異質な感じをもし異質でなくすることが出来れば、

また1歩個性あるサウンドに近づきます。

そんな挑戦を多くのミュージシャンがすでにトライしています。

ジャズ・ギタリストではマイク・スターンやジョン・マクラフリン、

ロック・ギタリストではスティーブ・ヴァイやジェフ・ベック、

ブルース・ギタリストではスティービー・レイ・ヴォーンやロバート・クレイ、

といった感じでしょうか?

もし、「え~、そうか?」とか「彼はブルース・ギタリストだろ?」とか思ったら、

それはそれで全て正解だと思います。

つまり結論彼らはジャンルレスなんです。

ジャンルにとらわれることなく様々な音楽を聴き、

自分の演奏に取り入れていく。

この柔軟な姿勢が新たな音楽を創りだすのだと思います。

もちろんウィントン・マルサリスのように、

トラディショナルなジャズだけにこだわってクリエイトすることも、

素晴らしい事だと思います。

皆さんも是非色んな音楽を聴いてみて下さい。

そして可能性を探って下さい。

答えは皆さんが持っています

P.S.1 生徒さんを募集しております。

日曜日 09:45~・12:00~

月曜日 18:30~・22:15~

水曜日 12:30~・18:30~

木曜日 19:30~・23:15~

土曜日 15:45~・19:15~

この時間以外にも若干の空きがあります。

お気軽にお問い合わせください。

P.S.2 レッスンのお休みです。

1月は1日(月)・3日(水)がお休みです。

2月にお休みは無い予定です。

トーン考察 #1

日付 : カテゴリー : 日記

昨日ふと思いついたのですが、

個性あるギタートーンを出すにはどうしたらよいのでしょうか?

これを今日から何回かに分けて考えてみようと思います。

きっと私も考え方が変わると思うので、

今から楽しみです

それではまずトーンとは何でしょう?

調べると音や色の味わいとあります。

音楽に当てはめると中々深い意味ですね。

ではここでは個性あるギターサウンドと考えてみましょう。

その個性あるギターサウンドにするために、

今回はトランペットについて考えてみます。

トランペットはプレー音域が比較的高く、

1音吹くだけで周りの環境を一変出来る、

とても大きい力を持っています。

ビッグバンドの中ではリード楽器として重要な役割も果たしています。

他にもマイルス・デイビスはミュートを使って、

弱く枯れたサウンドを演出しています。

ランディー・ブレッカーはギターエフェクターで、

ユニークなサウンド効果を得ています。

そしてトランぺッターは時々フリューゲルホルンを吹き、

柔らかく温かいサウンド効果を得たりもしています。

これだけ知っているだけでも、

ギターの奏法に応用したり、

トランペットを引き立たせるギターサウンドを考えたりと、

より良いギターサウンド構築が考えられると思います。

例えばトランペットのミュートをギターで得てみようとするなら、

ワウをかけてみると良いかもしれないですし、

トランペットを引き立たせるためには、

あまり高域でコードを弾かない方が良いかもしれません。

こういった小さなことを積み上げるのが、

より良いトーンを得られる秘訣なのかもしれませんね

P.S.1 生徒さんを募集しております。

日曜日 09:45~・12:00~

月曜日 18:30~・22:15~

水曜日 12:30~・18:30~

木曜日 19:30~・23:15~

土曜日 15:45~・19:15~

この時間以外にも若干の空きがあります。

お気軽にお問い合わせください。

P.S.2 レッスンのお休みです。

1月は1日(月)・3日(水)がお休みです。

2月にお休みは無い予定です。

謹賀新年

日付 : カテゴリー : 日記

おはようございます。

本年も宜しくお願い致します

今年はまずSNSをちゃんと機能させていきます。

Facebookは生徒さんのレコーディングした曲を、

披露していきます。

Twitterは出来る限り沢山ツイートします。

内容も音楽を中心につぶやきます。

Blogが一番難しいのですが、

出来れば3・4日おきぐらいにアップしようと思います。

Instagramは新たに追加しようと思います。

こうやってみてもSNSは多くなりましたね。

大変ですが情報化社会ですので少しずつ慣れていこうと思います。

年が明けると苦手な確定申告がやってきます。

何とかしどろもどろしながら乗り越えたいと思います。

教室の発表会は早め早めに準備しようと思います。

個人的にはコンサート活動をセーブして、

東京まで通いでレッスンを受けようと思っています。

お陰さまで中・上級の生徒さんも増えてきました。

さらにより良いレッスンを心がけ高みを目指します。

どうぞよろしくお願い致します

P.S.1 生徒さんを募集しております。

日曜日 09:45~・12:00~

月曜日 18:30~・22:15~

水曜日 12:30~・18:30~

木曜日 19:30~・23:15~

土曜日 15:45~・19:15~

この時間以外にも若干の空きがあります。

お気軽にお問い合わせください。

P.S.2 レッスンのお休みです。

1月は1日(月)・3日(水)がお休みです。

1 2 3 4 5 6 7 42

このページトップへ